Hatena::Groupcprogramming

Going My C Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010年11月20日(土)

EXIT_SUCCESS と EXIT_FAILURE

| 18:36 | EXIT_SUCCESS と EXIT_FAILURE - Going My C Way を含むブックマーク はてなブックマーク - EXIT_SUCCESS と EXIT_FAILURE - Going My C Way EXIT_SUCCESS と EXIT_FAILURE - Going My C Way のブックマークコメント

EXIT_SUCCESS と EXIT_FAILURE はプログラムが終了した際に実行環境に返す値である。それぞれ stdlib.h に定義されている。

実行環境に値を返すには、exit() を使用する。main() の return 文も exit() をコールしたのと同じ機能である(C89の場合)。

UNIX ではコマンドの正常終了は 0 で表すので UNIX 依存のプログラムならば、

int main(void)
{
   return 0;  /* 可搬性を担保するには EXIT_SUCCESS を使用する */
}

でもよい。